シンプルなデザインの3針センターセコンド

3針センターセコンドとは

3針センターセコンドの3針とは腕時計の針のことを意味します。長針、短針、秒針の3つの針があるという意味で3針といい、2針というと長針と短針のみの時計のことをいいます。センターセコンドとはスモールセコンドに対して呼ばれる名前で、センターセコンドは中央から秒針がついている3針のタイプになります。スモールセコンドとは小さな秒針という意味で、よく時計の6時の位置についている秒針用の小さな円があるタイプの時計です。この2つは時計に詳しい方にとってはどちらかというとスモールセコンドはクラシカルで、センターセコンドはモダンというイメージがあります。昔はスモールセコンドが主流だったのですが、現代ではセンターセコンドが主流となっているからでしょう。3針センターセコンドは現代に適したモダンなデザインなのです。

ドレスウォッチに適した3針センターセコンド

ドレスウォッチとはフォーマルな場につけていく時計です。服装はフォーマルなスーツやドレスになりますからそのような服装に合わせた時計ということになります。そのためどんなに高級な時計であっても、大振りなクロノグラフはふさわしくありません。またベルトもブレスレットタイプより革のベルトがよいとされています。ドレスウォッチとして最もふさわしいタイプが、3針センターセコンドでしょう。革ベルトがベストとなっていますが、服装の邪魔をしない、またブレスレットタイプ特有の金属音のような音がしなければそこまで気にすることはないでしょう。しかしこれから購入を考えているのなら、最もシンプルで正装にふさわしいドレスウォッチとは、革ベルトの3針センターセコンドであり余計な装飾がないものを選ぶのが正解でしょう。