防水性能があるダイバーズウォッチ

防水性能は国際規格で定義されています

人が一度にダイビングをできる時間は限られているので、時計によって管理や調整をしなければなりません。そのためダイバーにとって専用の時計は必需品です。普段使い用の腕時計にも防水性能を伴ったものはありますが、あくまでも日常生活で起こり得る浸水を想定してある場合がほとんどです。数メートル単位での水圧には耐えることはできません。したがって潜る環境に合わせた防水性能を持ったダイバーズウォッチを選ぶ必要があります。その防水性能は国際規格によって定義が決まっていて、最低でも100メートルの深さに耐えることと、125メートル相当の水圧に対応できることです。その他にも視界が悪くなりがちな水中でもしっかり時間が確認できる性能や、本体の物理的な耐久性なども求められます。

ダイビングをサポートする機能が備わったものもあります

なぜダイビングで時計が必須かというと、ボンベに含まれる空気の量に限度があるからです。ダイビングは水面に上がる段階で、減圧症を防ぐために一定時間留まらなければなりません。つまり時間に余裕を持って進める必要があるため、時間の管理が欠かせないというわけです。またダイビングは潜る深さによって当然水圧が異なりますが、それによって減圧症の原因となる血中の窒素濃度も変わってきます。その窒素濃度を機械で計算してリスクを低下させたり、潜っている深さを表示してくれるダイビングコンピューターという機械があります。そしてダイバーズウォッチの中には、ただ時間を表示するだけでなくダイビングコンピューターの機能も搭載した製品も多いです。